平屋建て住宅 間取り

ふたりの平屋


 高齢化社会が進み、快適な平屋の住まいが見直されています。

高齢者夫婦でふたりの住まいには、この平屋という簡素な住スタイルが最適なところが多いからです。

まずは、家の内部がバリアフリーな家になりやすいところです。

部屋と部屋の間の移動で障害物にひっかかりケガをすることがよくあります。

建物がフラットなので障害物も少なくなり、足が不自由な場合や車いすでの生活ではバリアフリーは必須条件です。

そして高齢者の夫婦ふたりの場合に、日常の洗濯物を乾かずのに場合によっては2階の物干しに干すために階段をつかうことになりますが、平屋だとその心配はないです。

生活に必要なものをいちいち階段を上がって、2階まで取りにいくこともなく体が楽です。

高齢になると日々の簡単な動作も大変で、そこで無理をすることでケガをしたりしてそこから寝たきりになることもあります。

介護の必要が薄れる平屋でのふたり住まいの形はますます増えていくと思われます。






平屋建て住宅 間取り

平屋建て おすすめ



平屋建てのおすすめ

 これからマイホームを建築するなら、二階建て三階建ての住宅よりも平屋がいいと言う方は少なくないでしょう。

平屋住宅のメリットは、何と言っても全ての部屋がワンフロアーにあるという点です。

玄関やリビング、バスルーム、トイレなどが一階にあっても、寝室などの居室が二階にあると一日に何度も階段を上り下りしなくてはなりません。

若いうちは苦にならなくても、高齢になるにつれて階段の上り下りが辛くなることは言うまでもありませんね。

平屋住宅を建築する際は、間取りにも十分配慮しましょう。

生活しやすい間取りであることを第一条件として、それぞれの部屋の位置を決めていきます。

生活動線を考えながら、どの場所にどの部屋を置くかを一つずつ考えていくことが大切ですが、家族全員が納得できる間取りであることも重要なポイントになります。

平屋の場合はキッチンも寝室も一つのフロアーにあるため、キッチンで料理や片付けをするときの音が気にならないように配置しましょう。

平屋建て住宅 間取り

続 平屋の間取りを作るときに



4 隣の家との距離や窓の位置

 民法上では、隣との距離は原則50cm以上離すことが定められています。

 建築基準法では、用途地域によって建物の後退距離の制限があるところもあり、それに従うことが決められています。

 採光計算などには、離れているほうが有利です。

 隣家がすでに建っている場合、窓同士が向かい合わないようにプランニングすることも必要です。

 1m以上離したほうが無難と考えます。

 隣が空き地の場合でも、将来家が建つこともありますし、その土地を購入するかどうか検討する人もあるでしょうから…

 近所付き合いという観点からも、一般的な風習は守っているほうが安心です。


5 屋外に設置するエコキュートやエアコン室外機の位置

 昼間はさほど感じないのに、真夜中になると、エコキュート(コンプレッサー部分)や、エアコンの室外機の音は気になるものです。

 自分の家のものなら我慢できるのに、他人の家のものは気になります。

 他にも音の出る灯油やガスの給湯器、浄化槽のブロアなどは、最終的な段階では、配置を検討する必要があります。

 



6 室内ドアについて

 可能な場合、ドアよりも引き戸をお勧めします。

 理由は、開閉に危険性が少なくなるからです。

 ドアの場合、強風などで、バタンと強く締まることがあり、お子さんには危険です。

 引き戸もソフトクローザー付にするとより安全です。

 コンセントやスイッチの配置など考慮する点が多くはなりますが・・・

平屋建て住宅 間取り

平屋の間取りをつくるときに


これから数回にわたって、平屋の間取りをつくるときに注意している点を書き留めてみます。

今回は、最初に確認しておく必要があることを書きます。

敷地の広さや、建物等の予算などについては、把握されているものとして進めます。

 まず最初に、敷地に建てることのできる建物の面積の確認です。

都市計画区域には、用途地域があって、それぞれに建ぺい率・容積率が決められています。

平屋建ては、建ぺい率のチェックが特に必要です。

ちなみに、建ぺい率とは、土地の広さにどれだけの建築面積の建物ができるか、というものです。

容積率は、どれだけの延べ床面積が可能か、ということで、%で表記されます。

住宅が多く建つ用途地域は、50/80とか60/100、60/200などと表記されます。

これらは、最初に確認しておくべきことです。








1 採光と風通し

 平屋建ての場合、2階建てに比べて外部に面する部分が少なくなります。

 居室をできるだけ外部に面するようにプランニングして、自然の光や風を取り入れられるようにすることが重要です。

 生活する時間の長いリビングルームなどは、特に注意しましょう。

 寝室は、寝ている時間以外さほど使う部屋ではないのですが、朝日がさすのを感じられるようにするには、東側に配置するといいでしょう。


2 10年,20年先を見据えた間取り

 結婚して、家族が増えて、成長していく過程で部屋が多く必要になります。

 でもいずれ子供たちは、学生として、社会人として、家を離れて生活することが考えられます。

 離れて過ごす期間のほうが、長いものになることが多いです。

 住宅は、生活していくうちに、不要な部屋ができたりします。

 先を見据えての間取りを考える必要があります。


3 駐車場や門、アプローチ考慮

 
 フリーハンドでかまいませんので、実際に敷地の図面を描いてみたほうがいいです。

 建物の配置と、車庫やアプローチなどの位置関係を確認します。

 車庫は、普通車1台の場合、幅3m、奥行き5.5m、2台の場合、5.5mx5.5m程度取れれば大丈夫です。

 外車や縦列駐車の場合は、もっと広く必要です。


続きはまた後日・・・





平屋建て 計画

強い構造体 コンクリート造


建築物には、木造 鉄骨造 コンクリート造(鉄筋コンクリート造)、鉄骨鉄筋コンクリート造、ブロック造などがあります。

木造の中でも、在来軸組み工法やツーバイフォー、大断面集成材を使ったものがあります。

鉄骨造には、積水ハウスやダイワハウスなどの軽量鉄骨を使ったものや、工場などの重量鉄骨を使ったものがあります。

それぞれに特徴があります。

コンクリート造りの家は地震や火災、台風や水害などの災害に強く耐久性にもすぐれているので何年も住める事がメリットです。

型枠の組み方でさまざまなデザインが可能ですから好みにあわせたデザインの家を建てる事ができるのもメリットです。

遮音性も高いので外部からの音を遮断することができ静かな環境で住む事ができます。

内部の音も外部に漏れにくいため楽器を弾いても外に音が漏れる事が少ないです。

ハウスメーカーでは品質管理もよく工期が短いので完成までの期間もかからずスピーディーな家造りが可能です。

ハウスメーカーではさまざまなプランがあるので気に入るプランを選ぶ事ができます。

フリープランでオリジナル住宅の建設も可能です。

コンクリート住宅は間取りの自由度も高いので狭い敷地でも建築可能です。

木造住宅と比べて柱が少ないので自由な間取りをとりやすいというメリットがあります。

ハウスメーカーによりさまざまなプランがあるので適したプランを選ぶとよいでしょう。

木造住宅に比べると建築費が高くなるのがデメリットですが耐震性、耐火性などに優れているので家族が安心、安全に暮らす事が出来る家です。

コンクリート造の住宅は、建物自体の重量がかなりあるので、地盤の弱いところは最近話題のが必要になります。

(杭でなくても、地盤を補強する方法はありますが…)

コンクリート造の住宅は、予算があれば検討する価値があります。

建物の構造体をコンクリートにして、外装、内装などの仕上げを木造にするという住宅を私は造りたいと思っています。

少しコスト高になるようですが、100年以上もつと思います。

40-50年後くらいでもリノベーションが低コストでできるような気もします。

平屋建て 計画

地元工務店と大手のハウスメーカー


これから注文住宅を建てようと思っている人の中には、地元の工務店と、大手のハウスメーカーでは、どちらに任せたらいいのかと悩んでいる方もあるかも知れませんね。

地域密着型の工務店とは違い、ハウスメーカーは大手資本であり、全国展開しているので、充実したサービスやアフターケアが受けられることから、高い安心感があります。

住宅展示場にも出展していることが多いので、仕上がりが予想しやすく、比較検討がしやすいのがメリットです。

ハウスメーカーは基本的に、設計や工事がシステム化されているので、工法の説明を受けたときもわかりやすいですし、比較的工期も短く、間取りなどの注文に対しても、柔軟に対応してくれるのが魅力です。

高い資本力を駆使した技術で建ててくれるので、間取りや内装、エクステリアなども、最新の工法や設備が導入されます。





これから木造の住宅を建てたいと思っている方には、耐震性や耐火性についても気になるところでしょうが、常に最新の技術を取り入れてもらえるというメリットは非常に大きいものがあります。

ハウスメーカーは、クオリティが高い家を追及しているので、工務店に比べると割高になりますが、安心して住める家を作る技術は高いのでおすすめです。

平屋建て住宅 間取り

ハウスメーカーの3つの大きなメリット



テレビコマーシャルや雑誌の広告などで、ハウスメーカーという言葉を耳にすることも多いと思います。

では、実際にどのようなメーカーのことを指しているのでしょうか。

ハウスメーカーとは、家を作る部材の準備から設計、施工までを一貫して行うメーカーのことです。

有名なところで、積水ハウス、大和ハウス、住友林業、パナホームなどです。

設計から施工までの流れをシステム化しているため、比較的スムーズに工事が進むようになっています。

また、メリットとして一つ目に挙げられるのは、大手のハウスメーカーは実績が多いため、家作りに関する豊富な知識を持っている点です。

そのため、実際に家を建てたいと思った時に、さまざまな要望を聞いてくれる可能性が高いでしょう。

二つ目の点としては、ハウスメーカーが提供している家は、規格化されているものが大半なので、家自体の品質はどれも同じ水準で安定しています。

ある家だけ品質が著しく落ちている、という事態になることは少ないと考えられます。


三つ目の点としては、あらかじめ家が規格化されているので、間取りのイメージをしやすい点です。

例えば、事前に気になる間取りのモデルハウスを見学をしておくと、理想的な家のイメージを想像しやすいです。

このように、メリットとしては以上の3つの点が挙げられます。

結論として、ハウスメーカーでの家作りは品質、信頼が共に安定していることが分かります。

平屋建て住宅 価格

注文住宅のコストダウン 7つの方法


注文住宅 コストを下げる7つの方法

住宅のコストは、材料費と人件費と、請け負う会社の経費で決まります。

込み入った間取りや仕上げは、材料も人件費も工期もかかってきます。

最低限の仕上げ材や構造躯体(柱の大きさなど)は変えずに、コストダウンを図るにはどうすればいいでしょう。

7つの提案をします。

1 間取りの凸凹を少なくする

 平面的に出入りが多いと、外壁面積が増えたり、建物の角に使う材料が多く必要になるので、費用がかさんできます。

2 屋根の形状をできるだけシンプルにする

 同じ間取りでも、屋根の形状によって屋根面積、外壁面積が変わってきます。

 同じ間取りでこんなに違う外観 を参考にしてください。

3 間仕切りを少なくする。

 4畳半の部屋を2つ作るより、9畳の部屋を1つのほうが安く上がります。

 同じ坪数なら、910モジュールより、1mモジュールのほうが安いです。

4 サッシは、雨戸付きのテラスサッシより、滑り出し窓やFIX窓が安い。

 ガラスも安く上がります。

5 水回りをまとめる。

 台所、浴室、洗面所、トイレは、できるだけまとめて配置するほうが、設備工事が安く上がります。

 坪単価いくらという見積もりの場合には、あまり影響はありません。

6 オプション工事は極力避ける。

 標準価格が高いプランのほうが、安いプランにオプションを入れたものより安くなることもあります。

7 工事途中に追加や変更依頼をしない。

 工事が始まってからの追加工事、変更工事は職人が嫌います。

 着手前にしっかりした打合せが必要です。

 打合せを担当する営業マンの力量によるところも大きいです。






いろいろ述べましたが、思うようにいかないのが注文住宅です。

完成した時に、80点以上の満足感があれば成功と言えるでしょう。


平屋建て住宅 間取り

鉄骨造の建売り住宅


建売住宅は、完成したものを見ることができるので、間取りや仕上げなど気に入らなければ購入しなくてもいいので、ある意味苦労はしなくて済みます。

鉄骨造の家は、木造よりも頑丈で、長く住み使用することを前提で建てる家です。

今では、家の建て方の主流のものですので、当然建売物件のものもあります。

しかし建売住宅では、こちらのニーズをすべてふまえたものでなく、不満のない良い物件を探すのはひと苦労です。

やはり不満を残さない家に住みたいのは当然の考えで、そうしたときはハウスメーカーに依頼するべきです。

ハウスメーカーのメリットは、この不満を残さず、当初より間取りの設計を行い、自分の想像通りの家に出来る点です。

鉄骨系のハウスメーカーは、積水ハウス、セキスイハイム、ダイワハウス、パナホームが有名です。






ji.jpg

ハウスメーカーでは、途中で間取りの変更も十分に対応してもらえるので、ずっとこだわりを持ちながら、家を作る喜びがあります。

しかしハウスメーカーにも欠点は、あります。

それは建売建築よりもオーダーをフレキシブルを通しやすい反面、費用がかかるところです。

でもこの点は、長く快適で自分の理想にあった家に住みづけるという願望達成のメリットから考えると、決して額面だけでは語ることのできないところです。

またハウスメーカーの場合には、大手では多いですが、自社の製品が優れている実績を作るために長期メンテナンス保証を備えているところもあり、これもメンテナンス保証が少ない建売住宅の場合と違いメリットと言えます。

平屋建て住宅 間取り

木造住宅の魅力


木造住宅も、数年の間に様変わりしました。

省エネが叫ばれて、気密性の高い住宅が増えてきました。

断熱材や、サッシ、ガラス、住宅設備においても大きく進歩しています。

ハウスメーカーでは、木の温もりや耐震・耐久の長期住宅、環境に優しい木造住宅の建築に取り組むところが多く存在します。

木造住宅の魅力は、日本ならではの四季、気候、風土に適した木材を使った木造軸組工法で、多くのメリットを持っているところです。

木の特長である高温多湿のコントロール、火に対する自然消化力、環境面で木材のリサイクルなどを生かしています。

現在、ハウスメーカーの木造の住宅は自然の木材を活かし、過去の大きな地震の経験から木造軸組工法に耐震強度を加えるなど進化した家づくりをしています。

在来工法とも呼ばれる木造軸組工法は、日本で昔からある伝統技術であり建物を強い土台・柱・梁などの軸組で支える構造です。

昔からの家つくりの技術に加えて今は一層安心して住めるよう強化されてきています。

骨組みである土台、柱や梁がしっかりした工法から、間取りも自由に変えることができるメリットは、将来のリフォームや増築など自由設計が可能な家づくりです。

現代社会の鉄筋住宅や海外住宅の普及が多くある中、木造住宅の人気は高く、そのニーズに応えるべくハウスメーカーもさらなる対応をしていると言えます。

家族構成の変化に対応できる間取りの変更や長く住める構造など、木造住宅のメリットが「住みたい家」に導く魅力です。

鉄骨系を中心としていた積水ハウスも、木造住宅を手掛けていることは皆さんもご承知のことと思います。

<<前の10件  .. 3 4 5 6 7..  次の10件>>


Powered by さくらのブログ