平屋建て住宅 間取り

これからのマイホーム


これからマイホームを建築するなら、2階建て3階建ての住宅よりも平屋がいいと言う方は少なくないでしょう。

平屋建てのメリットは、何と言っても全ての部屋がワンフロアーにあるという点です。

玄関やリビング、バスルーム、トイレなどが一階にあっても、寝室などの居室が二階にあると一日に何度も階段を上り下りしなくてはなりません。

若いうちは苦にならなくても、高齢になるにつれて階段の上り下りが辛くなることは言うまでもありません。

平屋住宅を建築する際は、間取りにも十分配慮しましょう。

生活しやすい間取りであることを第一条件として、それぞれの部屋の位置を決めていきます。

生活動線を考えながら、どの場所にどの部屋を置くかを一つずつ考えていくことが大切ですが、家族全員が納得できる間取りであることも重要なポイントになります。

平屋の場合はキッチンも寝室も一つのフロアーにあるため、キッチンで料理や片付けをするときの音が気にならないように配置しましょう。

プライベートの配慮は、2階建てよりも考慮する必要があります。






平屋建て住宅 間取り

2階建てから平屋へ


やっぱり平屋

建て替えのときに、あえて平屋を造る方が増えています。

わざわざ家を小さくするのはどうしてでしょうか。
S-237 3LDK.jpg





高齢化社会になったということがひとつの要因です。

お歳を召した方にとって、2階への昇り降りは非常に危険なことであり、無駄なことなんだそうです。

使わないなら掃除だけするのも面倒だから、と平屋の住宅に直してしまう、と言うことです。

間取りとしては、一般的にご家族がお使いになるだけのものがあれば十分ですから、2LDKもあれば足りてしまいます。

既にお子さんは家を出ていたり、ご夫婦での暮らし、もしくはお一人で住まいになるものですので、そう広い必要もないのです。

家と言うものは、低ければ丈夫なものです。補強もしやすく、手入れもしやすいので、余生を、と言う方向けの住宅としてはうってつけのものです。

平屋建ては階段もなく、暮らし方によっては非常に住み良い家になるでしょう。

平屋のメリットを活かして、健康的にも安全面にもやさしい住まい方を提案しています。

間取りがシンプルな分、もしかするとお庭も作れるかもしれない、これも魅力です。

これから先は、平屋がおすすめです。




平屋建て住宅 間取り

平屋の間取りを考えるとき


間取りを決定する前に、もう一度見直す

平屋の間取りで気をつけなければならないのは、過剰スペックにならないようにということです。

多くの場合、お客様が見えて泊まっていただく場合とか、子供や孫が来た時にゆっくりできるスペースがあった方がいいということで、普段使わない間取りまで確保した住宅を作りがちなのです。

平屋建てということは、敷地に余程のスペースがないかぎり、こじんまりした住宅のはずですから、一年に一度か二度のイベントとか、人寄せは考えない方が賢明なのです。

余裕があるに越したことはないと思いがちですが、いざそこで生活してみると、風通しや掃除のことまで考えれば、 毎日のことですから、結構負担が重くなるということです。

平屋で、和室の続き間のある住宅は、数十年前にはよく見られましたが、最近ではほとんどありません。

このブログでも、そんな間取りも紹介していますが、使う頻度にもよるのでよく考えて決めてください。






自動車を購入するとき、普段は軽自動車でいいはずなのに、子供や孫と一緒にドライブすることや来客を送るためにと考え、大きな車を買ってしまうのと同じです。

賛否両論ありそうですが、東京がものすごい大雪に備えて万全の対策を講じるようなもので、すごいと言えばすごいのですが、無駄な投資になるからです。

むしろ、家は生活を楽しむところという割り切り方をし、そこを中心の間取りにした方がいいでしょう。

平屋建て間取り図

一部屋ゆとりのある平屋の間取り


来客用の寝室

来客や、親が遊びに来て宿泊することが多い方に、一部屋そういう部屋を造っておくと便利です。

遠くの親や友人が遊ぶに来たときに、ホテルよりも家に宿泊できると便利です。

S-317  4LDK.jpg




将来増築する計画がある場合や、少しゆとりを持つ意味で一部屋多く造っておけば、いざという時にずいぶん助かります。

いつもは、あまり使わない家具や小物置き場としての部屋。

5人家族とか、親と同居される方にもいいかもしれません。

4LDKとかになると、トイレは2か所設けたほうが何かと便利です。













平屋建て間取り図

南、西玄関 3LDKの平屋の間取り


南、西玄関 3LDKの平屋の間取り

31.2坪の平屋の間取りです。東西を反転すれば、東玄関にもなります。

玄関からLDKにすぐに行ける間取りで、LDKが動線の中心になります。


SW-312c  3LDK.jpg




こういう間取りは、ハウスメーカーなどでも多く採用されています。

最近では、インターネットをするのにリビングの一角にパソコンを置いている家庭も多くあります。

この間取りでは、寝室に隣接してタタミ1畳相当のスペースを設けました。

小さなスペースですが、プリンターや外付けハードディスク、書籍などを置くのに、カウンターや棚を設けると使い勝手のいい部屋になります。

玄関横の土間収納も、趣味のゴルフバッグや釣り道具、テニスラケットなども収納できるので、使ってみると重宝します。

自転車を置くには、出入りを含め少し無理があります。

ウォークインクローゼットには、小さくてもいいので、開閉可能な窓を取り付けることをお勧めします。

明り取りと通気のために。









平屋建て間取り図

6LDK 大家族の平屋


大家族の平屋の間取り

6人、7人家族でも住める間取りです。



N-342  6LDK.jpg
間取り図をクリックすると拡大されて見やすくなります。        


日当たりやプライベートを考えて、横長の間取りになりました。

2世代、3世代で住むにも向いています。

夫婦で住んで、4,5人の学生を下宿させることも可能です。

関東間(910モジュール)で、34.25坪の広さの平屋の間取りです。

一つの部屋が6帖あるので、2人で住むことも可能です。

クローゼットで隣の部屋の音が少しは緩和されると思います。

平屋建ての場合、2階の音がないのでとても快適です。

非常事態が発生した場合にも、どの部屋からも外部に避難できる点も、平屋建てのいい点です。

洗面脱衣室も少し広めにしています。

下宿させる場合には、洗面台を75cmの大きさにして、洗濯機を2台置くことが重要かもしれません。




平屋建て間取り図

東玄関 33.2坪 4LDKの平屋の間取り


4LDKの平屋の間取り

子供の成長に合わせた間取り

子供室の間仕切りは、必要な時期に間仕切りできるように天井裏等に下地のみ入れておきます。

4LDKの間取りは、4〜5人家族に向いています。

E-332  4LDK.jpg

東西を反転すると、西玄関にも対応できます。

LDKを広く取って、ゆったりとしていて、来客があっても子供たちが食事ができるなど考慮しています。

台所へはホールからもいけるので、便利ではないでしょうか?







平屋建て間取り図

31坪 4LDKの平屋の間取り


4LDKの平屋の間取りです。

31坪とコンパクトにまとめています。

S-311 4LDK.jpg

LDRの広さがもっとほしいという場合には、南側に広げることも可能です。

屋根の形状と外観も変化ができて面白いのではないでしょうか?

洋室は、クローゼットで仕切ってプライベートを保っています。

キッチンからホールへ出入りできるようにすると家事が楽にできると思います。

その際に、トイレの入り口をずらしてあげるといいと思います。





北側は敷地境界から離して配置することで、採光計算はクリアできます。

軒の出を短くすることでも、クリアできる場合があります。

平屋の建物は、2階建てに比べてこんなことでも有利です。

平屋建て間取り図

29.5坪 3LDK 平屋の間取り


平屋の間取りはインターネットにもいろいろ紹介されています。

すべての人にパーフェクトな間取りはありません。

気に入った間取りはあっても、ここはこうした方がいいよね、とか、もっと広くほしいなどと、何かしら要望は増えていきます。

このブログで紹介する平屋の間取りも、一つのたたき台にしてもらおうと思って作っています。

同じ広さの土地でも、どの方向の道路に面しているか、間口、道路の幅、隣地との高低差、隣家の建っている状況、景観、風当たり、交通状況などは、外的要因です。

家族の人数、車の台数、各室の広さ、趣味や宗教など内的要因によっても変わってきます。


角地であると、駐車場のレイアウトに気を使います。

角に近づけると、車の出し入れがとても危険です。




平屋建て 3LDKの間取りを紹介します。
S-295  3LDK.jpg

910モジュールで29.5坪ですが、メーターモジュールにすると35.7坪になります。

収納を多く設けています。

音楽鑑賞やカラオケの好きな方は、1坪の物入の折れ扉をドアにしてLDK側に付け、周囲の壁、天井に防音対策を施すと、立派な趣味の部屋になります。

多少音漏れしても、LDKの窓を閉めていれば隣家には影響ないと思います。

確認申請でカラオケルームとして申請すると、居室扱いになって採光や換気の指示を受けることもあります。

収納スペースは建物坪数の1割は確保しているので、通常なら不足することはありません。



これからも平屋の間取りを書いていきますので、参考になるかどうかわかりませんがご覧になってください。











平屋建て住宅 間取り

トイレの配置 気になりますか?



トイレのドアは、玄関から見えない位置に配置することが望まれます。
wc.jpg

玄関にお客がいる時にトイレが使いづらいということがあります。

めったにないので、気にしないという方もいますが、・・・

ドアは見えなくても、臭いや水を流す音が気になったりする方もいます。

トイレは、第三者も使用するということを考え、できるだけ玄関の近くに配置したい、という考えの方

家族以外の人が使用することは滅多にないので、玄関の近くにこだわらないという方

客用とプライベートは別にして、トイレを二ヶ所設置する方

それぞれの考えのもとに間取りは決まっていきます。


30年ほど前の住宅は、客がよく来るという想定で間取りを決めていました。

応接室、客間といった部屋を玄関近くに配置したものです。

当然、トイレは玄関の近くにあったし、電話(固定)でさえも、客が使うということで玄関の下駄箱の上などにに置いていました。

寒い日に玄関にまで行ってプライベートな電話をしていました。

子機を持ち歩く現代のことなど想像もつかなかったことです。


洗面脱衣室のドアも、トイレのドアと同様に、玄関から直接見えない間取りにしたいものです。

洗面脱衣室のドアを開けたら浴室まで丸見えなどといった間取りは、数年に1回しかないかもしれない大騒ぎの元になります。


最近の平屋建ての住宅の間取りは、リビングルームを中心にして各居室やトイレ洗面所に通じたものが多くなっています。

玄関までの客はあっても、リビングまで上がって話をする機会は少なくなってきています。

自分たちの生活スタイルに合わせた間取りが最優先です。







<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>


Powered by さくらのブログ