ハウスメーカーの平屋

タマホームの平屋建て


平屋建て住宅に住む最大のメリットは、バリアフリーになることです。

一度平屋建てで生活すると、階段のある生活には戻れなくなるとも言われているほどです。

しかし、坪単価が高いというデメリットがあることも否定できません。

そこで、ローコスト住宅の建築を得意とするタマホームの平屋建てに注目してみます。
tama2-1.jpg
タマホームの気に入った平屋建てが見つからないので、外観写真の2階部分をカットしたイメージ写真をアップしてみました。(タマホームさんごめんなさい!)

タマホームにおける主力の住宅プランは、標準装備と低価格を売りにする「大安心の家」、そしてカスタマイズが行いやすいです。

タマホームの平屋建ては、多数ある住宅プランの中から選択したうえで、平屋建てを依頼するのが基本的な考え方です。

気になる坪単価ですが、タマホームの場合は、2階建て住宅の場合の坪単価に2万円を加えたのが、一般的な価格となるようです。

ちなみに、タマホームの坪単価は、35坪以上という条件付きで、2Fプラン26万円からとされています。

したがって、平屋建ての場合は28万円からという計算になります。

もちろん、設計やオプション次第で価格は変動しますが、大手メーカーに比べると格段の安さで建築することが可能です。

また、タマホームの住宅の品質面に着目すると、国産の木材を使用するなど、木材へのこだわりが光ります。

土台となる部分には高級木材のヒノキが使用され、工法もしっかりしているため、国の基準よりも高い耐震性や耐久性を持つと評判です。

アフターサービスの面では不十分と噂されることもありますが、そこはコスト削減のための企業努力と解釈しましょう。

タマホームの平屋建ては、コストパフォーマンスの面では非常に優れたメーカーのひとつと言えます。



ハウスメーカーの平屋

パナホームの平屋建てのアイデア


室内の視的感覚に優れたパナホームの平屋建て住宅


パナホームが提案する平屋建てのデザインは、機能的な要素がありながらも、自然や都市景観と調和していると思います。

パナホームの寄棟造りの平屋建ては、庭から眺めると圧迫感を感じることがありません。

一方で、寄棟と切妻の両方を採用している屋根を見ると、和風の意匠に対して現代的な様式美があることも分かります。

パナホームの平屋建てのモデルを見ていると、片流れ屋根とフラット屋根を組み合わせた種類も発見しました。

このような形式は太陽光パネルを設置するために最適ですが、同時にモダンなデザインを作るためにも適していると思います。

片流れ屋根だけでは単調なデザインになりますが、フラット屋根を合わせながら、壁の色彩も好対照にしているのは見事なアイデアです。

パナホームの平屋建ては、室内では平屋建ての特性を活かして、天井から光を取り込む窓を採用しているため、省エネを考えても理想的です。

天井の吹き抜け空間はスカイウィンドウの構造になっていることも特徴で、この工夫によって風の通り道が生まれ、夏でも快適に過ごせるようになります。

逆に冬場には部屋の奥まで光が届くため、暖房効率を高めるためにも役立ちます。

動線もフラット構造になっていて、全ての部屋が庭と直結しているのが特徴的です。

バリアフリー設計に対応しているので、高齢者や足腰が不自由な人にも優しくなっています。

パナホームの平屋建ては、間取りや広さを好みにして、夫婦だけで老後の生活を楽しむためにも適しています。




ハウスメーカーの平屋

積水ハウスの平屋建て


積水ハウスは、戸建て着工棟数全国一位です。

平屋建ても、鉄骨構造、木造といろんな商品をそろえています。


近年では、手狭な土地でも広い空間を確保できるということで、複数回の住宅が流行しています。

しかし、平屋建ては自然災害にも強く低コストで済むこと、そして生活動線を短縮できることから、生活しやすいメリットがあります。

ごく最近、高齢者や子どもに優しい住宅として、見直されています。

積水ハウスでは、自然災害に強い鉄骨住宅と、木のぬくもりを味わうことができる木造住宅の二種類の平屋建てプランが準備されています。

鉄骨住宅のプランは、HIRAYAの季という名称です。ひらやのときと読みます。
平屋の季.jpg

このプランの特徴は、平屋でありながら、オープンスペースを十分に確保し、開放的な住宅を実現しているところにあります。

標準プランでは、広々とした玄関やテラスも準備されており、室外とのつながりのある空間を楽しむことができます。

一方、木造住宅プランの名称は、里楽(りらく)と名付けられています。
里楽.jpg
積水ハウスの平屋建ては、自由度の高さと災害に強いことを特徴とする、積水ハウス自慢のシャーウッド構法が用いられた住宅プランです。

この構法では、オリジナルの金具を使用したり、木材の強度を極限まで高めています。

したがって、地震などにめっぽう強い住宅と言えます。木造住宅の強みは、夏は涼しく、冬は暖かい点です。

積水ハウスの平屋建ては、安心してシンプルに、そしてリラックスして生活したい方に適した住宅です。

平屋建て住宅のメーカーはさまざまありますが、アフターサービスの充実ぶり、住宅の品質の面では積水ハウスの評判は他のメーカーをリードしています。

長く安心して生活するためには、積水ハウスが提供する平屋建てプランがおすすめです。

ハウスメーカーの平屋

トヨタホームの平屋建ての魅力


トヨタホーム 理想の平屋 シンセ・ピアーナ

トヨタホームの平屋建ては、家族の絆を育む住まいのなかで人間性豊かなライフスタイルを家族とともに実現できます。

トヨタホーム.jpg


屋外と室内をつなぐ深い軒は、屋外の開放感や自然との調和が体感できる空間を作り出しています。

半屋外空間のウッドデッキから室内へ、美しい景色がライフスタイルの価値をさらに高めて、家族と一緒に上質な時間を過ごすことができます。

トヨタホームの平屋建ての、大きな窓に囲まれた大きなダイニングは、まさに自然との一体化を感じることができます。



庭の美しい景色や自然がいつも、近くに感じられるのが伝統的な平屋の素晴らしさです。

四季の変化を日々生活の中で感じながら、生きることは、人間の豊かな自然への感性をさらに豊かに育んでくれます。

家族と四季折々の自然を体感しながら、人生を過ごすことは、一つのハイバリューな世界を構築できます。

一戸建ては、掃除を大変に思うこともありますが、ワンフロアスタイルの平屋建てなら、掃除も楽に行えます。

同時に家事も楽な移動で簡単にできますので、生活のコストの縮減ができます。

トヨタホームの平屋建ては、家に一番いることが多い主婦・主夫の方にも優しい作りでです。

生活のコストの縮減により、家族はさらに人間的なコミュニケーションの場を増やすこともできます。

オリジナル空調システム・スマートエアーズがさらに健康的で快適な空間を作り出してくれます。


トヨタホームの平屋建ては、小屋裏収納が活かせるのが平屋建てでもあります。

普段使わないものや季節の間だけ使うものは、小屋裏の収納があると非常に便利になり、多彩な生活シーンの演出も可能です。



ハウスメーカーの平屋

ミサワホームの平屋建て


ミサワホームに新登場した「Granlink HIRAYA」(グランリンク平屋)が、平屋建てのハイバリューな魅力を実現してくれます。

Granlink HIRAYA.jpg

ミサワホームの平屋建ては、平屋建てのワンフロアの「暮らしやすさの魅力」を実現することにより、家族でのあたたかい生活スタイルが実現できます。

家族が共に生きていることを家族全員がよく実感しながら、人生を過ごすことができることがハイバリューな魅力です。

注文住宅として、家族の方が言いたいことすべてを伝えて作った結果として、充実した家の作りとなったことに満足している購入者が多いです。

掃除や、家事も楽にできることから、いつも家にいることが多い主婦・主夫には大人気です。

社会的な活動が忙しい主婦・主夫にも大人気です。

このような機能面だけでなく、庭との距離のことや、間取りのことについて工夫できる注文住宅としても、老人から若人まで幅広く人気が高まっています。

ミサワホームの平屋建ては、四季を感じながら、家族との時間を豊かにしてくれるのは、ミサワホームならではの多彩な提案が盛り込まれているワンフロア作りの魅力によるものです。

屋根の勾配まで活かしたフロアづくりは、空間の広さを最大限に使ったゆとりある生活の世界を作り出してくれます。

ミサワホームの平屋建ては、自然を体感することができる庭と家とのつながりにも、こだわりがあります。大きな窓やトップライトから、ウッドデッキ、緑が眺められる坪庭などの屋外との多彩な「つながり」により、風が通り抜ける設計が、景観だけでなく、新鮮な自然の風まで感じさせてくれます。

家事などでの移動が楽にできて、階段もないことから、老若男女問わず誰もが快適に安心して暮らせます。

ミサワホームの平屋建ては、子供の部屋には、ロフトを付けて使いやすさと見守れる安心を高めることができます。



ハウスメーカーの平屋

スウェーデンハウスの平屋建て


スウェーデンハウスは、158万人が評価した、オリコン日本顧客満足度ランキングで、ハウスメーカー 注文住宅 ランキング第一位です。

住居の性能、設備・内装の質、施工担当者の対応、長期保証などで高い評価がされています。


素敵な北欧の本物の家が作れることが、スウェーデンハウスの大きな魅力です。

スウェーデンハウスの平屋建ては、北欧ならではの木の優しさを感じることができる素敵な様式に魅了されます。





厳しい冬でも、乗り越えていく北欧の家ならではの暖房方式にも、家のぬくもりを体感できます。

スウェーデンハウスの平屋建ては、「悠の住処」という名称になっています。

森や大地と暮らす素敵な家は、一つのフロアに家族がいる近親感を感じるところにもぬくもりがあります。

階段もない段差もないバリアフリーが平屋の一つの魅力であり、スタイリッシュな空間をより、快適にしてくれます。

屋外と室内をつなぐ窓が自然を感じる時には、大切なポイントとなります。

木枠の大きな窓から、眺める屋外の景色は、まさに絵画のように素敵でおしゃれな景観として演出してくれます。

スウェーデンハウスの特徴として、強度の高い構造の家であることから、フロアの間仕切りを取り除いて、北欧スタイルの大きなワンフロアで使用することもできます。

いつでも模様替えができます。耐久性・耐震性に優れており、50年間の無料定期健診システムまであります。

冬場の朝の早起きも、快適に行えるライフスタイルに変えることができます。

廊下を歩いて夜のおトイレに行っても、寒さにビクビクすることもありません。

これは、家を丸ごと高気密で断熱する方式を採用しているからです。

何時でも廊下でも、別の部屋に移動しても、家じゅうに温度差がなく、軽快に快適に過ごすことができます。

アグレッシブな生活時間を朝から夜まで実現できることは、北欧の家ならではのハイバリューな魅力となります。

スウェーデンハウスの平屋建ての、北欧ならではの遮音性の高さが、「家にいると落ち着く気持ち」になれます。




ハウスメーカーの平屋

住友林業の平屋


木造住宅ではトップメーカーの住友林業です。

沖縄県を除く46都道府県で展開しています。

年間の着工棟数は約1万戸、タマホームと同じくらいです。

住友林業の住宅の坪単価はおおよそ80万円以上で、客層はタマホームと違います。
sumi01.bmp

オリコンのハウスメーカーランキングでは、満足度部門で3位でした。

ちなみに1位はスウェーデンハウスです。

ベスト10にローコスト系のハウスメーカーがランキングインしていないことを見ると、満足度は価格に比例するのかなと思ったりします。

他社と競合になっても、営業マンはローコスト系のハウスメーカーとは争わないそうです。

住友林業の建物はというと、大断面集成柱を耐力壁として使ったビッグフレーム構法が構造的に最強です。

在来工法のマルチバランス構法に比べると、価格はそれなりに上がります。

間取りの自由性は、マルチバランス構法のほうがあると思います。




suminN-446.jpg

ハウスメーカーの平屋

住友林業のプラスキップ


住友林業のプラスキップ

「Pluskip(プラスキップ)」は、住友林業が提案する、平屋建ての空間活用です。
pluskip01.jpg
平屋建てにできる空間を利用して、床下に収納を設けたり、段差を活かしたビルトインガレージ、多目的スペースなど、平屋に新しい生活空間を作り出しています。

日用品のストックをはじめ、季節の備品、大切な思い出の品など、収納スペースをかなり増やしています。

ミサワホームや三井ホームなども同じように空間を利用して収納などを提案しています。

こういった段差を活かして大きな収納空間を設けることは、以前からもありましたが、多くのハウスメーカーも付加価値を高めようと、ノウハウを提供して、平屋建ての常識もだいぶ変わってきました。

基本的に、収納などの天井高さが1.4mを超え、1階の床面積の8分の1を超えると、2階建てとみなされることがあります。

さらに、1.4m以下でも、1階の床面積の2分の1を超えたり、解放できる窓をつけたりすると、階数や床面積に算入されることがあります。

建築基準法は全国同一ですが、県、市などの条例によって加筆されているところなどありますので、注意が必要です。

階数に算入されて問題はなくても、床面積に加算されると固定資産税にも影響しますので、要注意です。
pluskip02.jpg


収納空間の上を、多目的スペースとして、寝室やファミリーコーナー、趣味を楽しむホビールームなどとした提案も魅力です。

目線を高くしたゲストルームとしての空間も雰囲気が出ます。






ハウスメーカーの平屋

アイフルホームの平屋建て


アイフルホームの平屋建てについては、前にAYAという商品を紹介しました。

アイフルホームは、フランチャイズで全国展開しているメーカーです。



アイフルホームのホームページに感じのいい平屋の外観写真がありました。
eyeful001.jpg




リビングルームが吹き抜け風になっていて、高いところから南の光が入って明るい感じが読み取れます。

これから先のゼロエネルギー住宅には欠かせない手段になってくる太陽光発電も、うまく取り入れています。



アイフルホームフランチャイズを運営するLIXIL住宅研究所は、LIXILグループの一員ですので、LIXILの商品を使うことで、他社との差別化を図っている強みがあります。

パナホームがパナソニックの子会社で、パナソニックの商品を使っているみたいに・・

このように、商品をオリジナル化するなどして、コストダウンを図っているハウスメーカーはたくさんあります。

アイフルホームは、価格的に安いというイメージを持っている方も多いと思います。

基本的に、同じ木造で、同じ仕様、同じ設備で造ると、価格的には似たり寄ったりになるはずです。

違ってくるとしたら、人件費などの経費、大量購入などの材料費などあります。

小さな工務店は、大手メーカーに対抗するに、人のつながりや経費を落とすことで対応しているところがほとんどでしょう。







ハウスメーカーの平屋

ミサワホーム HIRAYA kid's


ミサワホームがニューモデルHIRAYA kid's 平屋キッズを発売!

hirayakids.jpg

コンセプト

ボックス型のモダンなデザインが個性的な「HIRAYA kids」は、平屋のよさに、子育てをサポートする知恵と工夫をプラスした住まいです。

キッズファミリーの暮らしを考え抜いた、こだわりの平屋をご提案します。(ミサワホームHPより)





キッズという以上、どんな特徴があるのでしょうか?

リビングを中央に配置することで、家族が集まりやすく会話も弾みます。

子どもが親離れするまでは、親がそばにいて安心させることはとても大事なことです。

2.7mの天井高さは、子どもの成長にも好影響します。

参考間取りです。
misawa02.jpeg

キッチンも、リビングが見渡せる配置にしています。

ダイニングに隣接して、ホームワークコーナーを配置したのも、大きな工夫です。

お互いの気配を身近に感じながら、安心して宿題や、趣味に没頭できる空間を作り出しています。

不思議な事に、ひとりで個室で勉強するより多少の雑音があった方が集中できます。

集中力はそうして養われていくのかもしれません。

当然のことですが、子供室は将来のために2ドアにしています。

33坪、3LDKの平屋の間取りですが、家族4人で生活するには十分の機能を備えていると思います。

開放感あふれる大開口サッシや、ダイニングのコーナーサッシなど、平屋のデメリットになりがちな明るさ不足にも対応して、光の取り入れ方も研究された間取りです。

ほかにも、色んな所に工夫がされたミサワホーム HIRAYA kid's をご覧ください。















1 2 3 4 5 >>


Powered by さくらのブログ