平屋建て住宅 間取りと価格 > 建築豆知識 > 耐震基準について NHKあさイチで放送がありました。

建築豆知識

耐震基準について NHKあさイチで放送がありました。


1月25日NHK「あさイチ」で、建物の耐震基準等について放送していました。

とても分かりやすく為になりました。

でも、ある程度知識がない人には難しかったかもしれません。

放送の概要を私なりにまとめてみました。


耐震基準は1950年の旧耐震基準が、1981年に新耐震基準になり、2000年には、最新耐震基準になっています。

最新の耐震基準は、それまでに筋交のバランスや、構造金物の規定など厳しくなっています。

瑕疵担保責任保険の構造検査で、金物の取付け状況などの検査が工事中に実施されます。


熊本地震で、益城町の建物の被害は、旧耐震基準の建物が94.8%、新耐震基準の建物が79.6%、最新耐震基準の建物が38.6%だったそうです。

最新耐震基準の建物でも多くの被害があったことが驚きです。

それだけ強い地震だったわけです。

倒壊などの被害を受けた建物と、軽度な建物との差は直下率にあったことが証明されています。

直下率は重要なことと感じました。

耐力壁を1階と2階同じ位置に配置することで、上の荷重をストレートに下の階、そして基礎に伝えるというものです。




倒壊した建物の直下率が低かったのに対して、直下率の高かった建物の被害は、内部のクロスにひびが入った程度でした。

地震に対して、屋根の荷重は軽いほうが有利です。

総2階建てのほうが一部2階建ての建物より有利であること、1階に駐車場があると不利であることなども紹介されました。

筋交は、バランスよく多く配置した建物が強いということです。

耐震等級についての説明がありました。

耐震等級1が、合格ラインです。

耐震等級は、2が1の1.25倍、最高の3が1.5倍です。

木造住宅でも耐震等級3にすることが可能です。

耐力壁を増やすこと、バランスをとること、金物を強化することなどが必要です。

木造住宅の設計で、壁量計算をして強度の確認をしますが、建築確認申請書に計算書を添付する必要はありません。

今後、添付を義務付けることも必要かと個人的には思います。



リフォームについて

リフォームは、大規模や用途変更にならない限り、許可も届け出も必要ありません。

それだけに、大工さん任せになってしまうこともあります。

リフォームの際に構造体をいじる場合、補強を先にすることや、できない場合には取りやめることなどを決断すべきです。

2階建ての1階の筋交は触らないようにしましょう。


建築の耐震基準は、まだまだ改正されていくことと思います。

補助金などの制度もあったりします。

専門家に相談して計画をすすめることが必要です。

PS.
平屋建ては、直下率も関係なく、台風や地震の際の水平力も受けにくく、複数階の建物に対して構造的に断然有利です。

計画中で迷っておられる方に、このサイトが参考になれば幸いです。









<<南玄関 23.5坪の平屋 からの展開 | 平屋建て住宅 間取りと価格トップへ | アイフルホームの平屋建て>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

Powered by さくらのブログ