建築豆知識

耐震基準について NHKあさイチで放送がありました。


1月25日NHK「あさイチ」で、建物の耐震基準等について放送していました。

とても分かりやすく為になりました。

でも、ある程度知識がない人には難しかったかもしれません。

放送の概要を私なりにまとめてみました。


耐震基準は1950年の旧耐震基準が、1981年に新耐震基準になり、2000年には、最新耐震基準になっています。

最新の耐震基準は、それまでに筋交のバランスや、構造金物の規定など厳しくなっています。

瑕疵担保責任保険の構造検査で、金物の取付け状況などの検査が工事中に実施されます。


熊本地震で、益城町の建物の被害は、旧耐震基準の建物が94.8%、新耐震基準の建物が79.6%、最新耐震基準の建物が38.6%だったそうです。

最新耐震基準の建物でも多くの被害があったことが驚きです。

それだけ強い地震だったわけです。

倒壊などの被害を受けた建物と、軽度な建物との差は直下率にあったことが証明されています。

直下率は重要なことと感じました。

耐力壁を1階と2階同じ位置に配置することで、上の荷重をストレートに下の階、そして基礎に伝えるというものです。




倒壊した建物の直下率が低かったのに対して、直下率の高かった建物の被害は、内部のクロスにひびが入った程度でした。

地震に対して、屋根の荷重は軽いほうが有利です。

総2階建てのほうが一部2階建ての建物より有利であること、1階に駐車場があると不利であることなども紹介されました。

筋交は、バランスよく多く配置した建物が強いということです。

耐震等級についての説明がありました。

耐震等級1が、合格ラインです。

耐震等級は、2が1の1.25倍、最高の3が1.5倍です。

木造住宅でも耐震等級3にすることが可能です。

耐力壁を増やすこと、バランスをとること、金物を強化することなどが必要です。

木造住宅の設計で、壁量計算をして強度の確認をしますが、建築確認申請書に計算書を添付する必要はありません。

今後、添付を義務付けることも必要かと個人的には思います。



リフォームについて

リフォームは、大規模や用途変更にならない限り、許可も届け出も必要ありません。

それだけに、大工さん任せになってしまうこともあります。

リフォームの際に構造体をいじる場合、補強を先にすることや、できない場合には取りやめることなどを決断すべきです。

2階建ての1階の筋交は触らないようにしましょう。


建築の耐震基準は、まだまだ改正されていくことと思います。

補助金などの制度もあったりします。

専門家に相談して計画をすすめることが必要です。

PS.
平屋建ては、直下率も関係なく、台風や地震の際の水平力も受けにくく、複数階の建物に対して構造的に断然有利です。

計画中で迷っておられる方に、このサイトが参考になれば幸いです。









平屋建て間取り図

南玄関 23.5坪の平屋 からの展開


南玄関の23.5坪のコンパクトな平屋の間取りです。

クローゼットのほかにも納戸があると、部屋が片付き、すっきりします。

玄関ホールからLR、台所へそれぞれ直接入れるのも便利です。

S-235  2LDK.jpg

最初に4.5帖の納戸を洋室に変更した間取りです。

LDKとその東側の間取りはそのままです。

4人家族でも大丈夫な間取りです。

S-235  3LDK.jpg

次に、玄関を東に変更して同じ坪数の3LDKの間取りにしてみました。

E-235  3LDK.jpg

もちろん東西を反転すると、西玄関にも対応できます。

駐車場が確保できれば、北道路にも対応可能でしょう。

間取りを考えるときに、一つの間取りをたたき台にしてアレンジしていくことで、好みの間取りに近づけることができます。

駐車場や日当たりなどを考慮して、敷地に応じた平屋の間取りを考えることは、結構楽しいものです。





PS.さらにアレンジして、北玄関にしてみました。

必要であれば、東西を反転して、近隣や駐車場の配置にマッチさせればいいと思います。

N-235  3LDK.jpg

このように同じ坪数で、同じような間取りで、玄関を東西南北にしてみました。








平屋建て間取り図

北側道路に面した平屋の間取り


北玄関4DK26.5坪の平屋の間取りです。

北側道路に面した土地は、南側に日の当たる部屋を多く持ってくることができます。

平屋の場合はほとんど問題になることはありませんが、北側斜線制限にも有利です。

N265  4DK.jpg




洋室を寝室にする場合、WCが遠くなっているので、歳を取ってくると気になるところです。

サンルームは梅雨時期などの洗濯干し場に有効なスペースです。

屋根の形はいろいろ考えられますが、切妻にして、棟を少なくするとすっきりしたものになります。

太陽光発電システムを搭載するのであれば、南北に向けるとパネルが多く載ります。

糸魚川大火災で延焼を免れた家みたいに、外部を耐火性の高いものにすることも今後考えていくことが必要でしょう。

軒裏や窓から火が入りにくいようにすることは、多少費用が掛かりますが容易なことです。

ハウスメーカーや工務店、専門家に相談してみてください。








Powered by さくらのブログ