平屋建て間取り図

29.5坪 3LDK 平屋の間取り


平屋の間取りはインターネットにもいろいろ紹介されています。

すべての人にパーフェクトな間取りはありません。

気に入った間取りはあっても、ここはこうした方がいいよね、とか、もっと広くほしいなどと、何かしら要望は増えていきます。

このブログで紹介する平屋の間取りも、一つのたたき台にしてもらおうと思って作っています。

同じ広さの土地でも、どの方向の道路に面しているか、間口、道路の幅、隣地との高低差、隣家の建っている状況、景観、風当たり、交通状況などは、外的要因です。

家族の人数、車の台数、各室の広さ、趣味や宗教など内的要因によっても変わってきます。


角地であると、駐車場のレイアウトに気を使います。

角に近づけると、車の出し入れがとても危険です。




平屋建て 3LDKの間取りを紹介します。
S-295  3LDK.jpg

910モジュールで29.5坪ですが、メーターモジュールにすると35.7坪になります。

収納を多く設けています。

音楽鑑賞やカラオケの好きな方は、1坪の物入の折れ扉をドアにしてLDK側に付け、周囲の壁、天井に防音対策を施すと、立派な趣味の部屋になります。

多少音漏れしても、LDKの窓を閉めていれば隣家には影響ないと思います。

確認申請でカラオケルームとして申請すると、居室扱いになって採光や換気の指示を受けることもあります。

収納スペースは建物坪数の1割は確保しているので、通常なら不足することはありません。



これからも平屋の間取りを書いていきますので、参考になるかどうかわかりませんがご覧になってください。











平屋建て住宅 間取り

トイレの配置 気になりますか?



トイレのドアは、玄関から見えない位置に配置することが望まれます。
wc.jpg

玄関にお客がいる時にトイレが使いづらいということがあります。

めったにないので、気にしないという方もいますが、・・・

ドアは見えなくても、臭いや水を流す音が気になったりする方もいます。

トイレは、第三者も使用するということを考え、できるだけ玄関の近くに配置したい、という考えの方

家族以外の人が使用することは滅多にないので、玄関の近くにこだわらないという方

客用とプライベートは別にして、トイレを二ヶ所設置する方

それぞれの考えのもとに間取りは決まっていきます。


30年ほど前の住宅は、客がよく来るという想定で間取りを決めていました。

応接室、客間といった部屋を玄関近くに配置したものです。

当然、トイレは玄関の近くにあったし、電話(固定)でさえも、客が使うということで玄関の下駄箱の上などにに置いていました。

寒い日に玄関にまで行ってプライベートな電話をしていました。

子機を持ち歩く現代のことなど想像もつかなかったことです。


洗面脱衣室のドアも、トイレのドアと同様に、玄関から直接見えない間取りにしたいものです。

洗面脱衣室のドアを開けたら浴室まで丸見えなどといった間取りは、数年に1回しかないかもしれない大騒ぎの元になります。


最近の平屋建ての住宅の間取りは、リビングルームを中心にして各居室やトイレ洗面所に通じたものが多くなっています。

玄関までの客はあっても、リビングまで上がって話をする機会は少なくなってきています。

自分たちの生活スタイルに合わせた間取りが最優先です。







平屋建て間取り図

4LDK 平屋の間取り


4LDK 平屋の間取り

家族が4人以上になると、部屋数もそれなりに必要になります。

紹介する間取りは、5人家族を想定しています。

S-352  4LDK.jpg

子どもが小さいうちは子供室も間仕切る必要はないと思います。

トイレは2ヶ所必要になります。特に朝のラッシュ時は・・・

物も増えてきます。

共用のものは納戸に収納して、必要な季節に出し入れできるように、棚を設けると使いやすくなります。

クローゼットの下に、キャスターの付いた収納ボックスを置くと、整理できます。

こんまりのときめき収納術などは参考になります。




910モジュールで35.2坪の間取りです。

このくらいの坪数の平屋になると、外観もどっしりした面持ちになります。

ちなみに、間取りはこのままでメーターモジュールだと、42.6坪になります。

平屋建て間取り図

東玄関 ゆったり2LDK 平屋の間取り


東玄関 平屋の間取り

左右反転で、西面道路にも対応します。

駐車スペースは、建物の南側に配置する形で考えています。

北面道路にも対応できますが、駐車スペースは間口が広く必要です。

EW-270 2LDK.jpg

LDKはゆったりした24帖。

収納もたっぷりの27坪、2LDKの平屋の間取りです。

水回りを道路に近く配置することで、屋外給排水工事の費用が抑えられます。

納戸や、WC、洗面所は、間仕切りと引き戸を追加変更することで、LDK側から使用できます。

玄関から、洗面、WCのドアが見えなくなるので、プライベートを気にされる方にはおすすめです。

ただ、洗濯機や、大きな家具などのの搬入には注意が必要です。

寝室と洋室の間にクローゼットを配置する間取りはよくあります。

隣室の声や音が聞こえにくくなるので、プライベート確保に効果的です。





平屋建て間取り図

北側道路 平屋間取り 3LDK


北側道路に面した敷地に平屋の間取り

N-250 3LDK.jpg


北側に面した敷地に間取りを考える際に、頭が痛いのは駐車場の配置です。

提案の間取りは、間口が15.5m位あった場合です。

2台分の駐車場が必要な場合、間口が狭ければ縦列の駐車場になりがちです。

朝早い時や、寒い時、雨の日は入れ替えに面倒になります。

理想は並列です。


北側道路に面した敷地の間取りは、南側にLDKや居室を配置できるのが利点です。

ただ、敷地の南側にある家は、境界ギリギリに建てることが多く、しかも、浴室やトイレを配置するので、南側にはゆとりを持ちたいものです。









平屋建て間取り図

コンパクトな2LDKの間取りとプラス1部屋


18.7坪 コンパクトな2LDK平屋の間取りです。

SW-187 2LDK.jpg

建物本体工事のみだと、工務店によっては1,000万円以下で造ってくれるところも多くあると思います。

この平屋の間取りは、南道路、西道路、反転すると東道路にも対応できます。

どうしても、もう1部屋欲しいという場合には、洗面、浴室、トイレを南側か北側にまとめて、反対側に部屋を配置するとできます。

SW-225 3LDK.jpg


この平屋の間取り図のクローゼットの奥行きは約75cmです。


内法寸法で約62cmになり、服を収納するには十分です。

その分、部屋を広くしたほうが機能的と思います。

ちなみに市販の洋服ダンズの奥行きは60cmです。

モジュールにこだわると91cmになり、大工さんは慣れているのでやりやすいです。


間取りを考えるときには、たたき台になるような間取りをWEBやチラシで見つけ、そこから発展させていくとスムーズに行きます。

このブログの間取り図は、そんな方の参考になればと思っています。


こんな間取り図を作って欲しいという方は、コメント欄からお知らせください。

できるだけ対応いたします。もちろん無料です。

このサイトに載せてお返事とさせていただきます。









平屋建て間取り図

間口は広く奥行きがない敷地の平屋の間取り


間口は広いけど、奥行きがない敷地もよくあります。

駐車場にするにも軽自動車がやっとな敷地に、平屋の間取りを考えてみました。

敷地の道路に接する長さが、敷地の辺の全長の3分の1を超えると、角地適用になり、建ぺい率が10%緩和されます。

S-125.jpg



北面道路の場合、南北を反転させればそのまま使えます。

南北に長い土地で、東西面道路にも対応できます。

LDKの奥にもう一部屋設けることもできるので、お子さんが小さいうちは4人家族でもなんとか住めそうです。

屋根の形状は、どうしても単純になりがちなので、どうせなら片屋根にして、太陽光パネルを載せてもいいと思います。





縦長の建物とは逆に、今度はY方向の壁を強化する必要があります。

採光は道路(南側)から取れます。







平屋建て間取り図

狭い間口の敷地に平屋の間取り


間口が狭い敷地はよくあります。

部屋数が欲しい場合には、2階建てを計画された方がいいかもしれません。

2階建ての場合、X方向の耐力壁が不足しがちになります。

木造の建物の場合、壁量計算をしっかりする必要があります。

平屋の場合でも同じことがいえますが、2階建てほどではありません。

壁量計算をクリアしても、耐力壁を取れるところには取っていたほうが安心です。

下の平屋の間取りをご覧になって、風がどちらから吹くと建物が倒れやすいか、容易に判断できると思います。

Y方向(長手)には倒れにくく、X方向には倒れやすいことが、専門的知識がなくてもわかります。

S-112.jpg

この平屋の間取りは、11.2坪の広さです。

2人住まいにはなんとかなりますが、家族が多いと無理があります。

火災や非常時の避難のことも考えておく必要があります。

狭い間口の土地に建築される場合には、採光計算も難しくなってきますので、専門家に事前に相談されることをおすすめします。



平屋建て間取り図

L字型の平屋の間取り


L字型の平屋の間取り 一例を紹介します。


s340.jpg

910モジュールで、南玄関 34坪 4LDKの間取りです。

950モジュールでは37坪、メーターモジュールでは41坪になります。


収納もそこそこあって、各居室の採光も確保できて、コンパクトな間取りではないでしょうか?

屋根の形状も、切り妻にして棟をL字にすると感じよくなるのではないでしょうか?


間取りをL字の形にすることには、いろいろ理由があります。

@敷地が三角形または変形になっており、それに合わせた間取りにする場合

A平屋の欠点である、採光不足、通風不足に対応できるということ

B建物の外観が単調にならず、見栄えがするということ

C玄関へのアプローチや駐車場の確保のため

Dほかにも、庭園を造るため、などです。


平屋建ての場合、建ぺい率を考えながらの間取り作成になります。

敷地を有効に使うことを重点に考えていく必要があります。

変形した敷地の場合でも、南を下にした間取り図を心がけたほうが、専門家に見せるときにもわかりやすいです。

















Powered by さくらのブログ