平屋建て 計画

地元工務店と大手のハウスメーカー


これから注文住宅を建てようと思っている人の中には、地元の工務店と、大手のハウスメーカーでは、どちらに任せたらいいのかと悩んでいる方もあるかも知れませんね。

地域密着型の工務店とは違い、ハウスメーカーは大手資本であり、全国展開しているので、充実したサービスやアフターケアが受けられることから、高い安心感があります。

住宅展示場にも出展していることが多いので、仕上がりが予想しやすく、比較検討がしやすいのがメリットです。

ハウスメーカーは基本的に、設計や工事がシステム化されているので、工法の説明を受けたときもわかりやすいですし、比較的工期も短く、間取りなどの注文に対しても、柔軟に対応してくれるのが魅力です。

高い資本力を駆使した技術で建ててくれるので、間取りや内装、エクステリアなども、最新の工法や設備が導入されます。





これから木造の住宅を建てたいと思っている方には、耐震性や耐火性についても気になるところでしょうが、常に最新の技術を取り入れてもらえるというメリットは非常に大きいものがあります。

ハウスメーカーは、クオリティが高い家を追及しているので、工務店に比べると割高になりますが、安心して住める家を作る技術は高いのでおすすめです。

平屋建て住宅 間取り

ハウスメーカーの3つの大きなメリット



テレビコマーシャルや雑誌の広告などで、ハウスメーカーという言葉を耳にすることも多いと思います。

では、実際にどのようなメーカーのことを指しているのでしょうか。

ハウスメーカーとは、家を作る部材の準備から設計、施工までを一貫して行うメーカーのことです。

有名なところで、積水ハウス、大和ハウス、住友林業、パナホームなどです。

設計から施工までの流れをシステム化しているため、比較的スムーズに工事が進むようになっています。

また、メリットとして一つ目に挙げられるのは、大手のハウスメーカーは実績が多いため、家作りに関する豊富な知識を持っている点です。

そのため、実際に家を建てたいと思った時に、さまざまな要望を聞いてくれる可能性が高いでしょう。

二つ目の点としては、ハウスメーカーが提供している家は、規格化されているものが大半なので、家自体の品質はどれも同じ水準で安定しています。

ある家だけ品質が著しく落ちている、という事態になることは少ないと考えられます。


三つ目の点としては、あらかじめ家が規格化されているので、間取りのイメージをしやすい点です。

例えば、事前に気になる間取りのモデルハウスを見学をしておくと、理想的な家のイメージを想像しやすいです。

このように、メリットとしては以上の3つの点が挙げられます。

結論として、ハウスメーカーでの家作りは品質、信頼が共に安定していることが分かります。


Powered by さくらのブログ