平屋建て住宅 価格

注文住宅のコストダウン 7つの方法


注文住宅 コストを下げる7つの方法

住宅のコストは、材料費と人件費と、請け負う会社の経費で決まります。

込み入った間取りや仕上げは、材料も人件費も工期もかかってきます。

最低限の仕上げ材や構造躯体(柱の大きさなど)は変えずに、コストダウンを図るにはどうすればいいでしょう。

7つの提案をします。

1 間取りの凸凹を少なくする

 平面的に出入りが多いと、外壁面積が増えたり、建物の角に使う材料が多く必要になるので、費用がかさんできます。

2 屋根の形状をできるだけシンプルにする

 同じ間取りでも、屋根の形状によって屋根面積、外壁面積が変わってきます。

 同じ間取りでこんなに違う外観 を参考にしてください。

3 間仕切りを少なくする。

 4畳半の部屋を2つ作るより、9畳の部屋を1つのほうが安く上がります。

 同じ坪数なら、910モジュールより、1mモジュールのほうが安いです。

4 サッシは、雨戸付きのテラスサッシより、滑り出し窓やFIX窓が安い。

 ガラスも安く上がります。

5 水回りをまとめる。

 台所、浴室、洗面所、トイレは、できるだけまとめて配置するほうが、設備工事が安く上がります。

 坪単価いくらという見積もりの場合には、あまり影響はありません。

6 オプション工事は極力避ける。

 標準価格が高いプランのほうが、安いプランにオプションを入れたものより安くなることもあります。

7 工事途中に追加や変更依頼をしない。

 工事が始まってからの追加工事、変更工事は職人が嫌います。

 着手前にしっかりした打合せが必要です。

 打合せを担当する営業マンの力量によるところも大きいです。






いろいろ述べましたが、思うようにいかないのが注文住宅です。

完成した時に、80点以上の満足感があれば成功と言えるでしょう。


平屋建て住宅 間取り

鉄骨造の建売り住宅


建売住宅は、完成したものを見ることができるので、間取りや仕上げなど気に入らなければ購入しなくてもいいので、ある意味苦労はしなくて済みます。

鉄骨造の家は、木造よりも頑丈で、長く住み使用することを前提で建てる家です。

今では、家の建て方の主流のものですので、当然建売物件のものもあります。

しかし建売住宅では、こちらのニーズをすべてふまえたものでなく、不満のない良い物件を探すのはひと苦労です。

やはり不満を残さない家に住みたいのは当然の考えで、そうしたときはハウスメーカーに依頼するべきです。

ハウスメーカーのメリットは、この不満を残さず、当初より間取りの設計を行い、自分の想像通りの家に出来る点です。

鉄骨系のハウスメーカーは、積水ハウス、セキスイハイム、ダイワハウス、パナホームが有名です。






ji.jpg

ハウスメーカーでは、途中で間取りの変更も十分に対応してもらえるので、ずっとこだわりを持ちながら、家を作る喜びがあります。

しかしハウスメーカーにも欠点は、あります。

それは建売建築よりもオーダーをフレキシブルを通しやすい反面、費用がかかるところです。

でもこの点は、長く快適で自分の理想にあった家に住みづけるという願望達成のメリットから考えると、決して額面だけでは語ることのできないところです。

またハウスメーカーの場合には、大手では多いですが、自社の製品が優れている実績を作るために長期メンテナンス保証を備えているところもあり、これもメンテナンス保証が少ない建売住宅の場合と違いメリットと言えます。

平屋建て住宅 間取り

木造住宅の魅力


木造住宅も、数年の間に様変わりしました。

省エネが叫ばれて、気密性の高い住宅が増えてきました。

断熱材や、サッシ、ガラス、住宅設備においても大きく進歩しています。

ハウスメーカーでは、木の温もりや耐震・耐久の長期住宅、環境に優しい木造住宅の建築に取り組むところが多く存在します。

木造住宅の魅力は、日本ならではの四季、気候、風土に適した木材を使った木造軸組工法で、多くのメリットを持っているところです。

木の特長である高温多湿のコントロール、火に対する自然消化力、環境面で木材のリサイクルなどを生かしています。

現在、ハウスメーカーの木造の住宅は自然の木材を活かし、過去の大きな地震の経験から木造軸組工法に耐震強度を加えるなど進化した家づくりをしています。

在来工法とも呼ばれる木造軸組工法は、日本で昔からある伝統技術であり建物を強い土台・柱・梁などの軸組で支える構造です。

昔からの家つくりの技術に加えて今は一層安心して住めるよう強化されてきています。

骨組みである土台、柱や梁がしっかりした工法から、間取りも自由に変えることができるメリットは、将来のリフォームや増築など自由設計が可能な家づくりです。

現代社会の鉄筋住宅や海外住宅の普及が多くある中、木造住宅の人気は高く、そのニーズに応えるべくハウスメーカーもさらなる対応をしていると言えます。

家族構成の変化に対応できる間取りの変更や長く住める構造など、木造住宅のメリットが「住みたい家」に導く魅力です。

鉄骨系を中心としていた積水ハウスも、木造住宅を手掛けていることは皆さんもご承知のことと思います。


Powered by さくらのブログ