ハウスメーカーの平屋

ハウスメーカーの住宅


ハウスメーカーの住宅のよさ

テレビCMや広告などで、ハウスメーカーという言葉を耳にすることも多いと思います。

では、どのようなメーカーのことを指しているのでしょうか。

ハウスメーカーとは、家を作る部材の準備から設計、施工までを一貫して行うメーカーのことです。

積水ハウス、大和ハウス、パナホームなどがそうです。

hiraya0001.jpg

設計から施工までの流れをシステム化しているため、比較的スムーズに工事が進むようになっています。

また、メリットとして一つ目に挙げられるのは、大手のハウスメーカーは実績が多いため、家作りに関する豊富な知識を持っている点です。

そのため、実際に家を建てたいと思った時に、さまざまな要望を聞いてくれる可能性が高いでしょう。

二つ目のメリットとしては、ハウスメーカーが提供している家は、規格化されているものが大半なので、家自体の品質はどれも同じ水準で安定しています。

ある家だけ品質が著しく落ちている、という事態になることは少ないと考えられます。

三つ目は、あらかじめ家が規格化されているので、間取りのイメージをしやすい点です。

例えば、事前に気になる間取りのモデルハウスを見学をしておくと、理想的な家のイメージを想像しやすいです。

このように、メリットとしては以上の3つの点が挙げられます。結論として、ハウスメーカーでの家作りは品質、信頼が共に安定していることが分かります。

ハウスメーカーが最近特に力を入れているのが、平屋の住宅です。

高齢者向けの、生活に支障の少ない平屋建ては、今人気です。

平屋建て 計画

住宅の豪雨対策


住宅の豪雨対策

茨城県では、鬼怒川の堤防が決壊し、住宅などに大きな被害をもたらしました。

集中豪雨はこれからも全国どこででも発生することが予想されます。

対策がとれるのでしょうか?

今回の災害では、木造の建物が流されたり、破壊されたりしています。

水害の際、平屋の建物は、避難されるのに大変だったことがわかりました。

平地に建っているコンクリートの建物は、床上浸水などはあったものの、建物自体大きな損傷は少なかったと思います。

滅多にないこととはいえ、一度災害に遭うと人生が変わってしまいます。

住宅を建てる際にできることは、

@ 平屋建ての場合、高台に建てる、または敷地を高くする

A 複数階建ての場合、1階部分をコンクリート構造の駐車場にする

など考えられます。

十分ではないかもしれませんが、今度の災害には何とか耐えられたのではないかと思います。

避難場所がすぐ近くにあるのであれば、さほど神経質になることはないでしょう。



今の時代、コンクリート造の住宅を中心にこだわりの建築をされているハウスメーカーがいくつかあります。

ハウスメーカーが建てる建築物の中で、いかにご自分の理想の間取りに近いものを見つけることができるのかがポイントです。

また今、完全なる自由設計ができる時代となりました。

そのような環境の中で、コンクリート造に熟知した専門の建築士による柔軟なプランニングとあなたの理想とする間取りは調和しやすくなるでしょう。

またコンクリート造の住宅は、間取りや内装も変更がききますので、より自由度の高い空間が出来上がること間違いありません。

そんな自由度の高さは住宅購入を考える上で大きなメリットといえるでしょう。

またコンクリート造の他のメリットには、耐久性の高さがあり耐震性に優れていることもあげられます。

そして冷暖房などの効率を考えると、気密性や断熱性もメリットと言えるのではないでしょうか。

経費の削減にも大きな貢献となります。そして最近、増えている周辺への騒音などの問題があります。

そんな環境への対応策として遮音性も優れたアピールになります。また今の時代、地震で不安になられている方もたくさんおられるでしょう。

しかしそんな不安から解放してくれる建物、それがコンクリート造の住宅です。

子供や孫の時代まで末長く維持させたい住宅、コンクリート造の住宅は災害にも強い建物です。


ハウスメーカーの平屋

コンクリート造のハウスメーカー


鉄筋コンクリート(RC造)の住宅

ハウスメーカーのコンクリート造の住宅は、主に壁式構造で出来ています。

壁式構造は柱のかわりに壁により重さを支える構造形式です。

壁式構造のメリットは、柱の出っ張りがないため、部屋を広く使えることです。

その分、間取りも自由になり、壁の位置を押さえておけば自由な間取りが可能です。

rc1f.jpg

ハウスメーカーの壁式構造によるコンクリート造の住宅のメリットは他にもあります。

最近の気候変動による竜巻、突風に対しても、コンクリートの住宅は無類の強さを発揮します。

最近、竜巻や突風などの災害が多発していますが、木造や鉄骨造の住宅がどうしてもかなわない点です。

ハウスメーカーのコンクリート住宅は壁や床に使うパネルを工場で生産するため、均一で高性能の部材をつくることができます。

しかも、通常の住宅ではされていない構造計算をパターンごとに行い、地震に対する耐力を確認しています。

また、コンクリート造の住宅は耐火性能に優れています。

窓を網入りの防火設備とすれば、隣家からの火災による延焼を防ぐことが出来ます。

これらの高い性能を有するコンクリート造の住宅ですが、一般の木造住宅と比べて価格帯が高くなるのは、やむをえない事です。

ハウスメーカーによるコンクリート造の住宅は、その価値を認めるユーザーのための高級住宅と言えます。

コンクリートパネル工法(パルコン)や、レスコハウスが有名です。

2階建て以上の建物が多く、平屋建ての住宅はあまり見かけません。

プレキャストコンクリートと言って、工場でコンクリートの壁やスラブなどを作り、現場で組み立てるやり方です。

現場で鉄筋、型枠を組んでコンクリートを流し込むやり方に比較して、工期が短縮されるのと、品質が安定していることなどがメリットです。

重量があるので、平屋建ての場合でも、地盤の状況次第では杭基礎が必要になる場合があります。



Powered by さくらのブログ