メリット・デメリット

平屋建て木造住宅のリフォーム


木造平屋建て住宅のリフォーム

日本家屋の平均寿命は30年といわれてきました。

ある地域の戸建住宅の総数を30で割った数字を、その年の住宅建て替えの戸数としていました。

当時、住宅ローンが25年でしたから、ローンの返済が終わってわずか5年で建て替えの時期が来ていたのです。

建て替えの場合、土地の購入は必要ないのですが、引っ越し、解体、再度引っ越しという作業が必要になります。

中古住宅として売却して、新たな土地に新居を構える方もいます。


現在は、30年経過した建物を、リフォームや大規模改修する方が多くなっています。

30年前とは、建材や住宅設備など大きな違いがあります。

古い建物をリフォームするには、建物の構造体を調査する必要があります。

図面などで、ある程度は判断できますが、特に水回りなど、腐食や白蟻被害などがないか確認しないといけません。


建物は、2階建てよりも平屋建ての方が構造的に安心です。

平屋建ての横架材が屋根のみの荷重を支えているのに対して、2階建ての1階の横架材は、2階部分の荷重を支えていることになります。

いずれにしても、リフォームをされる場合には、専門家に相談されることをお勧めします。

欠陥箇所や不安な箇所などの補強や改善案などの提案をしてくれます。

大工さん任せにして、柱や筋違を撤去して、部屋は広くなったものの建物が不安定になったケースは多々あります。

何のためのリフォームかを原点に返って考えてみるべきです。







Powered by さくらのブログ