平屋建て住宅 価格

平屋建ての相場

 
平屋建ての相場


平屋建ては、坪単価が高くなると思っておられる方が多いと思います。

確かに、総額を床面積で割ると、坪当たりの価格は高くなります。

平屋建ては2階建てに比べて、外壁面積は少なくなりますが、基礎や屋根の面積が増えます。

同じ床面積で比較した場合、一般的に見積もりは高くなります。

ただ、平屋建ての場合、階段や2階廊下などの面積が必要なくなるので、同じ部屋数であれば、床面積は少なくなります。

建物の大きさにもよりますが、総額はさほど変わらないと考えます。

平屋建ての相場は、坪単価でいいますと、建物の構造や、地域、工務店、ハウスメーカーによってさまざまです。

全国的にも、賃金の安い県が、相場も安いと言えるようです。

注文住宅の場合、仕上げや材質などそれぞれ異なるので、安くで建てたいと思えば20万円台でも可能でしょう。

システムキッチンやシステムバスも40〜50万円の物もあるし、200万円以上するものもあります。

30坪の家でしたら、それだけでも坪単価にすると5万円くらい違ってくるわけです。

家づくりは、大きな買い物です。

慎重になるのは当然ですが、信頼のおける会社の、信頼のおける方にお願いすることがベターと思います。


メリット・デメリット

2階建てのデメリットと平屋建て


2階建て住宅を造ったけど、2階をほとんど使っていない人がいます。


平屋建てでよかったのにと思いますが、いろんな事情があります。


平屋建てが希望であっても、平屋建てを造るに必要な土地が、予算面などで無理な場合があります。


ほかに、2階部分は子供が大きくなって使う、というケースがあります。


後々増築するよりも、近い将来の事だから一緒に造ろう、という事でしょうか?



子供が小さいうちは、1階だけで事足りることが多くあります。


階段の上り下りは、小さい子供や高齢者などには危険が伴います。


成人でも、階段でけがをすることがあります。


2階建て住宅に住んでいる人は、洗濯物や布団などを2階のベランダに干すこともあるでしょう。


安全のための手すりに引っかかったりすることもあります。


足元が見えにくいので、注意が必要です。


その点、平屋建ては安心です。



でも、平屋建ても、すべての面にいいことばかりではありません。


眺望、日当たり、通風などは、2階建ての方が有利になることが多くあります。


平屋建てでも、中庭を造ったり、床を高くするなど工夫を凝らせば、不利な点の多くはカバーできたりします。



平屋建ては、土地を購入する場合、2階建てより資金が多く必要になることがあります。


海抜が低い土地や、川の近くで堤防より低い土地などは、冠水や洪水など災害の危険性なども考慮することが大切です。




平屋建て間取り図

平屋の家を建てる


3世代で住む29.5坪の平屋建て

29.5坪で4LDKの平屋建ての間取りです。

3世代で住むにも対応できます。

夫婦と子供2人、それにおじいちゃん、おばあちゃんの6人でも何とかOKです。

1E295.jpg


反転すると、西玄関にもなります。

屋根の形状は、寄棟、切妻、大屋根など自由にデザインできます。

勾配も自由にできますが、外壁面積が増えるとコストアップになります。

地震や風に対する壁量計算は、平屋建てなので、さほど問題にならないと考えます。

平屋建てのいいところは、構造的にも有利な点です。

地震や火災など、もしもの時の避難にも有利です。



間取りは、私のオリジナルですので、このまま使ってもらっても構いません。

ここをもっとこうしたい、などとアレンジすることもあるでしょう。

水回りを玄関側に配置することも可能です。

寝室を、和室をもっと広くするのも可能です。

自由にアレンジして使ってください。

平屋建て住宅について、ご意見などありましたら、コメント欄からご連絡ください。




ハウスメーカーの平屋

平屋建て セキスイハイムの提案


セキスイハイム平屋建て住宅「楽の家」

年配の夫婦をターゲットにした間取りを提供しています。

リビング、ダイニングなど2人での生活には、広すぎず狭からずちょうどいい過ごしやすい空間です。

madori.jpg





家での多くの時間を、夫婦2人だけで過ごすことの多い方に、ゆったりした空間が気持ちを楽にさせてくれるようです。


WCを寝室の隣に配置して、動線にも考慮しています。

平屋建てという事で、水平移動だけの生活は、いろんな楽があります。

気分が楽、身体が楽、家事が楽、家計が楽、将来が楽という5つの楽を提案しています。

大手のハウスメーカーに共通している点は、間取りや外観などトータル面でセンスがあるように思います。

セキスイハイムも、庭や車庫を含めた総合的な計画を提案しています。

工務店との差別化を図り、受注アップにつなげているのでしょう。

確かに、デザインや提案などには卓越したものが感じられます。

アフターメンテナンスも充実しているので安心感があります。

土地情報から資金計画まで、総合的な計画をしてくれるので、モデルハウスを見に行ったりして相談するといいでしょう。




Powered by さくらのブログ