平屋建て住宅 価格

建物の価格はどうやって決まる?



建物の価格はどうやって決まるか知っていますか?

一般的には見積もりという形式をとります。

建物の間取りや使用する材料が決まると、それらの数量と単価、手間賃、経費などを計算して合計したものが建物の見積もり金額になります。

同じ内容でも、会社によって見積金額は変わってきます。

それは、材料の仕入れ値が違ったり、手間賃や経費が違ったりするからです。

見積書の中の細かい明細を見ても何が何かわからないと思います。

内容がわかる専門家が身近にいればいいのですが、そうでない場合、判断が付きません。

細かく数量を拾い出して作った見積もりも、親切であっても意味がありません。


平屋建て間取り図

一方、レオハウスやタマホーム、一部の工務店は、この内容で坪単価〇〇円です、というやり方をとっています。

細かい見積書よりも素人にはわかりやすいのです。

坪単価は、少しでも安く表示したいために条件を付けています。

モジュールは1m、建物の大きさは最低〇〇坪以上、建物の形は長方形か正方形、屋根は切妻などなど・・・


平屋建ての場合、標準坪単価は2階建てよりも高く設定されています。

坪数も、建築基準法でいう延べ床面積ではなく、会社が各自に決めている施工面積なるものを使います。

施工面積という判断基準は会社によって違います。

延べ床面積よりも大きくなるので、不思議に思われる方もいるでしょう。

坪単価を安く表示するためのの手段です。


施工面積に坪単価をかけた金額が標準価格になります。

標準価格にオプション価格をプラスしたものが建物の見積金額になるというわけです。

オプションには、建物の形や外観、設備機器、仕上げ材など100を超える項目の明細があって、営業マンの必須アイテムになっています。

わかりやすさはあると思いますが、オプション価格が標準価格の50%以上になることもざらです。


途中で予算超過になってどうしようもなくなった場合、断る勇気も必要です。

本設計にはいってなければ、一般的な業者の場合、建築地の調査や見積もりなどは無料です。

ガソリン代や電話代、土地の謄本などにお金がかかったのだから、と、しがみついて来るような営業マンがいたら、きっぱり断った方がいいです。

契約してうまくいくはずがありません。








Powered by さくらのブログ