平屋建て住宅 間取り

家づくりの流れ ≪前編≫


家づくりの流れ <前編>


家づくりは何度も経験できるものではなく、計画から完成まで1年前後かかる一大プロジェクトです。

ですから、大まかな流れは知っておいた方がいいです。

流れの中で、やるべきこと、チェックすべきことなどをあらかじめメモしておくとなおいいでしょう。

建築の依頼先が決まっている場合は、土地探しからお願いすることもできるのでやりやすいでしょう。

ただ、信頼がおける営業マンであることが条件です。


1 スケジュールの把握

 ご主人の仕事関連や、お子様の入園、入学などに合わせて計画することもあるでしょう。

建築は天候による不可抗力も発生して工期遅延を余儀なくされたりもします。

仕事を休んだり、お金の準備をしないといけないことも多々あります。

時間的にも金銭的にも、出来るだけ余裕をもって計画する必要があります。




2 資金計画

 住宅建築には、思いもかけないような費用が発生します。

地鎮祭や上棟式の祭典にかかる費用や、地盤調査費、補強が必要になればその費用、ローンのつなぎ資金などなど・・・

まだまだたくさんあって、「こんなにかかるんだったら家づくりやめようか」と思うほどです。

総予算を把握せずに、土地を探したり、間取りを計画したりしても、予算をオーバーして後戻りすることもあります。

自己資金、ローン可能額、親などからの贈与金などの合計が総資金になります。

土地から購入される場合には、土地代の他に取引に関するいろんな手数料や、登記費用などもかかります。

資金計画はハウスメーカーや工務店などがやってくれます。

モデルハウスを見に行ったり、友人などから紹介があれば、依頼先を内定してからがスムーズにいくことが多いです。


3 依頼先探し

チラシや不動産情報などをたよりに自分で売地を見に行くこともできますが、建築条件が付いていたり、売主が売却を急いでいてせかされたりすることも多く、後悔するかもしれません。

自分一人では、何を基準に選んだらいいかわからず不安が募ります。

土地選びに失敗すると、上物(建物)にも影響します。

立地条件や相場価格等、詳しい方に相談することが大事です。


何ヶ所かモデルハウスを見に行って、信頼のおけそうな営業マンに出会って、資金計画から土地探しなどお願いしたとします。

礼儀や身なり、言葉使いなどちゃんとしている人であれば、こまめに連絡してくれます。

ご夫婦の意見が「この人なら任せられる」と判断したら、最後まで付き合うつもりでやっていくのもありです。

お互いの信頼感でやっていくのが住宅建築ではないかと思います。


この段階で、お任せできる営業マンが見つかったら、あとはその人についていくだけです。

他にもいい営業マンいないかな、などときょろきょろしていると、時間の無駄になることもあります。

約束を破ったり、ドタキャンして連絡もくれないような営業マンはお断りです。

仕事は忙しい人に頼め、と言いますが、営業マン選びも同じことが言えます。

忙しい人は自分のスケジュール管理ができていて、気遣いもあります。


住宅建築は多くの作業を人間がします。

間違いや、時間がかかることもあります。

100%納得のいくものはまずできないと思った方がいいです。

80%の出来で満足するくらいの寛容さを持って家づくりに臨んでいけばうまくいくと思います。


家づくりの流れ<後編>はこちら


平屋建て住宅 価格

消費税5%の時より有利に?


住宅と消費税


いよいよ消費税が8%になります。

あわてて建築された方も多かったようです。

4月以降、いろんな優遇制度もあるので、これからはゆっくり検討される方がいいと思います。

新しい制度を利用すると、アップ分以上の控除・給付金がある場合もあります。


住宅ローン減税

10年以上の住宅ローンを利用される方で、その年のローン残高の1%が所得税と住民税の合計から10年間控除されます。

10年間の控除額の合計額、現行の上限200万円が400万円になります。

自ら入居していることや住宅の広さなどの条件もありますので、建築を依頼される会社などにお尋ねください。

納付した所得税住民税の合計が控除額を下回るときには、納税した金額が上限になります。


住まい給付金

年収510万円以下の世帯の方が、50u以上の住宅を新築し、自ら居住する場合、最大30万円が給付されます。

平成27年に消費税が10%になるとのことですが、すまい給付金は拡充される予定だそうです。


4月以降は、住宅建築の落ち込みが懸念されます。

ハウスメーカーをはじめ地元の工務店などは危機感を感じています。

業者側も大きな受注の落ち込みは避けたいので、多少無理しても契約に走ることが予想されます。

そうなると、案外簡単に値引きに応じてくれるかもしれません。

減税や給付金も利用しながら、値引き交渉もやっていけば消費税のアップ分は取り戻せるのではないでしょうか?

消費税5%の時よりも有利な買い物ができるかもしれません。








PS.

消費税は、土地にはかかってきませんが、建物にはかかってきます。

消費税8%は平成26年4月以降の引き渡しの住宅に課税(平成25年9月末日までに契約している物件は5%)されます。

中古住宅を個人間で売買する際には、消費税はかかりません。

これにはリスクも伴いますので、詳しい方に訊いた方がいいです。

消費税の金額より大きな損失を被ることもありますので・・・













ハウスメーカーの平屋

積水ハウス シャーウッドの平屋


積水ハウス 軒下空間を生かした平屋建て



積水ハウスはシャーウッドの平屋建てで、リビングルームの南側に軒を大きく出した建物を紹介しています。

1.5~2mほど軒を出すことで、軒を支える柱も必要になります。

sekisui07.jpg




太陽の高度が高い夏は、直射日光を避け、高度の低い冬は日光が注いでくる設計になっています。


屋根のこう配は、あまり急にすると軒先の高さが低くなって、うっとうしくなります。

屋根材にもよりますが、コロニアルや陶器瓦は3.5~4寸のこう配が問題がないでしょう。

ガルバリウム鋼板を使うと、勾配をもっと緩やかにできます。

軒下の床にははウッドデッキを敷いて室内と庭をつなぐスペースとしていろいろ活用できます。

雨の日にも、さほど風がなければ十分過ごせます。

リビングルームは少し暗くなりますが、東面、西面の窓やトップライト、LED照明などを利用した計画も必要になります。

積水ハウスでなくてももちろんできる方法ですが、センスのある積水ハウスのサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか?



Powered by さくらのブログ